スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どれにしようかな?裏の神様に・・・

タイトルは数え歌。
数え歌って地方によってかなり違いますね~
まひが覚えてるのは「どれにしようかな?裏の神様によく聞いたらわかる。」でしたね。

数え歌WIKI

今日の焼酎は数え歌で決めたコレ!!

0806nikki-A.jpg

焼き芋焼酎 鬼火 限定黒麹

酒造名  田崎酒造株式会社
度数    25度
原材料  種子島紫芋
麹     黒麹
生産地  鹿児島県

この前、大阪に買い物いったときに買ってきた焼酎の内の一本
前回紹介した黒七夕と同じ蔵元のお酒です。
焼酎では珍しいふかし芋ではなく焼き芋を使って仕込んだ焼酎です。
口に含むとすぐに甘みが感じられ、その後焼き芋の余韻のような香ばしさが感じられる。
口当たりに棘がなく飲みやすい焼酎。
たぶん伝わらないだろうけどまひ的には「乾いた焼酎」
さっぱり飲みたい時にいいかも

今日のおつまみくん
モンスターハンタートライ発売記念のコラボスナック
携帯食料スナック
0806nikki-B.jpg
0806nikki-C.jpg
こんがり肉の味ってにんにくとチーズの風味がするんですね。
上手に頂ました!!


押して頂ければ幸いです。
↓ポチっとなぁぁぁぁぁ




デネブ「俺って存在感薄い?」

タイトルは夏の大三角形の話ですw
こと座のベガ(織姫) わし座のアルタイル(彦星) はくちょう座のデネブ
この三つを結んで夏の大三角形になります。小学校でならいましたね?
七夕になるとベガとアルタイルは取りざたされますがデネブはほぼふれられません
カワイソス

頑張れキグナスの氷河 例えおまると呼ばれても

まひも知らなかったんだが正式な七夕伝説にはデネブも登場するそうです
どうやら一年に一度彦星と織姫を結ぶカササギの橋だそうです。

前置きが長くなってしまったが今日は当然コレ!!
0707nikki-A.jpg

薩摩 黒七夕

酒造名  田崎酒造株式会社
度数    25度
原材料  さつま芋(黄金千貫)
麹     黒麹
生産地  鹿児島県

七夕の名を冠した7/7にのまにゃならんだろ?と思わす焼酎
口に含むとサラリとした口当たりと先行逃げ切りタイプの芋の香りがする
飲み干すと仄かな甘みの芋の余韻が残るスッキリ飲みやすい焼酎
苦味やアルコール臭さが苦手な方にもおいしく飲んでもらえそうです。
うん!うまい!!


押して頂ければ幸いです。
↓ポチっとなぁぁぁぁぁ



ボロは着れども心は錦

タイトルと焼酎は関係ありません。たんなる錦つながりで・・・・

近所まで行ったので「行った限りは何か買わねば!」で買いました。

0706nikki-A.jpg

黒伊佐錦

酒造名  大口酒造株式会社
度数    25度
原材料  黄金千貫
麹     黒麹
生産地  鹿児島県

鹿児島では普段から飲む庶民派の焼酎
芋の風味はしっかりしているのに後味スッキリでキレがある
値段に釣り合わない味してます!!!うまい!!!
この値段でこの味はうれしいですね~


押して頂ければ幸いです。
↓ポチっとなぁぁぁぁぁ



芋は芋でも

今日の焼酎は伊勢のお土産にもらった芋焼酎
0703nikki-A.jpg

伊勢芋焼酎 多気

酒造名  多気ブックセンター㈱
度数    25度
原材料  伊勢芋 米
麹     米麹
生産地  三重県

芋は芋でもサツマイモじゃなくて自然薯です
何故に本屋が芋と焼酎売ってるんでしょうか?w



飲んだ感じはどちらかと言えば米焼酎に近いです。
伊勢芋の香りなのか?独特のにおいがし口に含むと仄かな苦味が感じられる。
スッキリ飲めてなかなかおいしい

押して頂ければ幸いです。
↓ポチっとなぁぁぁぁぁ



たまには米でも

前に彦根に行ったときに買った米焼酎
0702nikki-A.jpg

純米焼酎無名不語 樽貯蔵五年

酒造名 太田酒造株式会社
度数   25度
原材料  米
麹    米麹
生産地 滋賀県

米はほぼ買わないんですが、旅行に行った先の地酒だったので購入しました
米を蒸留してで寝かせてるせいかウィスキーに近い味がします。
角が無く飲みやすい
たまにはもいいですね

押して頂ければ幸いです。
↓ポチっとなぁぁぁぁぁ




««前のページ  | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。