スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元焼酎

今日はこの前もらった地元の焼酎を開けることにした。

0929nikki-A.jpg

富士白無限 芋

酒造名  中野BC株式会社
度数    25度
原材料   なんらかの芋・・・ 不明
麹     米麹
生産地   和歌山県

まひの地元焼酎ですが初めて飲みました。
甲乙を混ぜた混合焼酎のようで、乙焼酎好きなまひには微妙な感じです・・・・
不味くはないんだけど甲種を混ぜているせいかアルコール臭く感じました。
全体的にはスッキリしていて芋の香りもしっかりするんですけどね
もう一つ乗り切れない感じです。

う~む、地元焼酎なのでもう少し褒めたかったのにねぇw


押して頂ければ幸いです。
↓ポチっとなぁぁぁぁぁ



スポンサーサイト

お初!!

ついにきました!!
まひがブログで焼酎を紹介しだしてから初のプレミアム焼酎です!!

0921nikki-A.jpg

富乃宝山

酒造名  西酒造株式会社
度数    25度
原材料  黄金千貫
麹     黄色麹
生産地  鹿児島県

この富乃宝山は会社の破損品で社内販売で買いましたw
そのため若干ラベルがしわよっているね
まぁ味には支障ないから無問題

飲んでみると、これでもか!!ってくらい癖が無く飲みやすい。
口に含むとサラッと水のようで飲み干すと芋の香りがドッとする
でも、後味が残らず鼻に余韻だけを残す。
これは芋嫌いな人にのんでもらいたい芋焼酎ですね。

でも、芋々した飲みにくい芋焼酎が好きなまひには少し物足りなく感じました
クオリティーはかなり高いんだけどパンチ力に欠けるかな~



押して頂ければ幸いです。
↓ポチっとなぁぁぁぁぁ



六甲のお土産

今日は先日行った六甲で買った地ビールをあけました。


0917nikki-A.jpg

写真は六甲ピルスナー
買ってきたのはピルスナーとIPAの二本なんだけど、IPAは写真を撮り忘れたw

飲んでみたところピルスナーのほうは日本の主流ビールと同じ種類なので飲みやすかった
少し酸味が強い感じがしたが苦味もすくなくのど越しさわやかあっさりビール

六甲IPA(インディアンペールエール)
日本の主流ビールとは製法が異なり、上方醗酵させたビール
歴史では日本で主流のラガー(下方醗酵ビール)より古い元祖ビール
イギリス植民地時代、インドにビールを運ぶ為腐らないビールを造ったのが起源で特徴は防腐ようにホップをふんだんに使い、アルコール度数も7%をゆうにこえる、ホップを大量に使うので苦味が強く飲みにくいビール

まひはIPAをはじめて飲んだんだけど、色は褐色で苦味が強く炭酸が少ない感じでした。
どっちかと言うと黒ビールよりハーフ&ハーフっていったところかな?

しかし、旅先で買うお酒の種類が増えていくな~w


押して頂ければ幸いです。
↓ポチっとなぁぁぁぁぁ



ダークホース?

昨日まひ酒蔵の焼酎が切れてしまった。
今日はビールで済ませようかと悩んだが、この前立ち寄った時にキャッチフレーズが気になった焼酎を思い出したので行って見る事にした。

売り場に着いてみたら、この前と変わらない陳列でキャッチフレーズもそのままだった
「当店オススメ!! 口当たりは魔王を彷彿させ、その深い味わいは森伊蔵をしのぐといったら言いすぎでしょうか?」

ドンだけやねん!!たぶん言いすぎな気がしますw

でも、プレミアム焼酎が必ずしも美味いとは思ってません、やっぱり自分の口に会う焼酎が一番うまい焼酎なので地道に探すしかないね。それが楽しみの一つでもあるし

0827nikki-A.jpg

前田利右衛門

酒造名  指宿酒造協業組合
度数    25度
原材料  黄金千貫
麹     黄麹
生産地  鹿児島県

口当たりはやさしく棘がなく、口に含むと芋の香りがほのかに広がります。清酒用の麹なので黒麹のような独特の苦味も無くサラリと飲める、のどを通ると芋の余韻がスッと消え甘みだけが残る感じ

ラベルの裏にはお湯割り、水割りが◎となっていたけど、まひはロックで頂ました。
初めのうちは美味しいのだが、途中氷がとけ水割りになった所で味が消えました・・・・・・
繊細な味なので、瓶ごと冷やして生で飲むのが一番美味しい気がしますね。

因みに商品名の前田利右衛門はその名の通り人の名前で、鹿児島にさつまいもをはじめて持ち帰り栽培を成功させた方です。この焼酎は今の芋焼酎があるのは前田利右衛門さんのおかげですという感謝の気持ちをこめて作られたそうです。


押して頂ければ幸いです。
↓ポチっとなぁぁぁぁぁ




甕[かめ]と壷はどうちがう?

今日は鬼火と一緒に買った相方をあけました。

てか、まってました!!

0817nikki-A.jpg

甕黒帥

酒造名 明石酒造株式会社
度数   25度
原材料  黄金千貫
麹     黒麹
生産地  宮崎県
仕込み  甕仕込み

お店でのキャッチフレーズは黒帥の兄貴的存在!!って書いてましたww
甕黒帥のコンセプトは大量生産ではなく「目の届く範囲で丁寧に」だそうです。
丁寧に仕込まれたその味わいは、普段の黒帥のうまみのまま、まろやかにそして軽やかに仕上がってます。水を飲んでいる様な感覚がするがけして薄くなく芋の甘みと味わいが感じられる
その上アルコールの尖った感じもなくサラリと飲める
お兄ちゃんは物静かな感じですね。
あぁやっぱり黒帥は期待を裏切りません!!


押して頂ければ幸いです。
↓ポチっとなぁぁぁぁぁ




 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。